妄想することは逃げることではなく安心して眠るため

バタンと寝る日が少ない。
いつも、布団の中でゴロゴロしていることが多い。
眠くないのなら、布団から出て何かすればいいのに、そんな気にはならない。
ただただ、ゴロゴロする。
持て余す時間を潰すために妄想する。
最近読んだ小説や漫画の主人公から必要とされる役として現れたり、スポーツ選手になってみたり、有名な歌手になってみたり、どこぞの社長になってみたり・・・。
そこには楽しい時間がある。何でも思い通りなるからだ。
だれからも必要とされ、楽しそうにコミュニケーションが出来る自分がいる。
そんな優越に浸っていると知らぬ間に寝ている。
夢の中では、たまに妄想していた世界が現れ楽しい気持ちで目覚めることがある。
最近では、運転中やデート中でも少しその癖が出る。
何をそんなに考えているのと言われる。
精神安定のための妄想。ストレス発散の一つにはなっていると思う。
それにしても不思議だ。
何で妄想だと友達が多く、必要とされる眼差しを向けてもらえるのだろう。http://www.joomlawebhost.org/