ころころ変わる将来の夢。可能性は広がている!

小さいころから「大きくなったら○○になりたい」という夢をよく言っていた。

特に決まったものはなく、成長するにつれ将来の夢もころころ変わっていったのだ。

幼稚園生〜小学校低学年まではお花屋さんやケーキ屋さんだったが、中学年・高学年になると

『友達と話しているときに漫才のようになってしまう』という理由でお笑い芸人だったり。

中学生・高校生になると、小さいころからピアノを習っていたこともあり、ピアノの先生かピアニストになりたいと思った。

高校卒業したころから大学卒業までは心理学に今日もがあったので、カウンセラーの先生になりたいと思った。

今現在、私はアルバイトで経験したという以外ではどの夢も実現できていない。

理由としてはそこまで熱が入らなかったのであろうと考えられる。

しかし、それとは反対に、まだまだなろうと思えば何にでもなれる!とも思っている。

保育士だって、アナウンサーだって、ラジオパーソナリティにだってなれると思っている。

これからも私の周りでは可能性が広がっている。

その中で、どうしてもなりたいものが見つかったら、そうなれるように努力していくつもりだ。キレイモ 料金